電力自由化で選べるようになった人気電力会社の比較まとめ

電力自由化,徹底比較,比較

ついにはじまった電力自由化!みなさんはもう電力の切り替えは行いましたか?今回の記事では電力自由化についてから、実際に評判がよくて人気なおすすめの電力会社までをわかりやすく解説いたします。

電力自由化とは?

いままでは電気を買う場所が決まっていました。,しかしこれからは複数の電力会社から自由に選べるようになりました。

出典:東京電力ホームページ

これまで我々消費者は、東京の人は東京電力、大阪の人は関西電力、というように地域ごとに電力会社が決められており、その地域の電力会社からしか電気を買うことができませんでした。

しかし、東日本大震災などをきっかけに、2016年04月01日より電力会社を選んで買うことができるようになりました。

ちなみに、工場やビルなどの大型の高圧電力という部類では既に段階的に自由化されており、今回で完全に自由化となったくだりとなっています。



スポンサーリンク


メリットは?

電力自由化,メリットさて、いざ電力自由化で電力会社を選べるようになると、我々にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

①毎月の電気料金が安くなる

電気料金,削減,節約今回の電力自由化でほとんどの人は、純粋に電気料金が安くなるだけの話しと言っても過言ではありません。電気の質や安全面は何も変わらずに今まで通り使えますし、万が一の可能性で突然自分の使っている電力会社が倒産してもセーフティーネットというもののおかげで、停電するということはなくそのまま使うことができます。切り替えの費用もかからないので、あくまで請求先が変わるだけというようなイメージで大丈夫です。
また、電力の販売を行える電力事業者は既に300社近くあるので、各社の競争が激化することで、一般消費者にはメリットが増える一方ということです。

②セット割りで大きく割引

膨大な電力会社とそれぞれのプランの中から、いかに自身のライフスタイルに合った電力会社を選ぶことができるかというのが電力会社選びのポイントでもあります。その一番のメリットを掴むことができる例がセット割引です。セット割引は、電力会社が自社のサービスと電力サービスを組み合わせたサービスのことをいいます。例えば、車を使うことが多い方はガソリン系の電力会社を選ぶことで、電気料金の他にガソリン代がお得になったりします。こういったダブルの割引を掴むために、携帯を家族で揃えている人には携帯会社系の電力会社、自宅でインターネットを使う人はネット回線系の電力会社と選ぶことが大事です。

③電気の使用量がわかるようになる

電力会社の切り替えで共通するのが、スマートメーターというものを取り付けるようになることです。このスマートメーターによって、電力の使用が30分単位でわかるようになります。これによって、節電の意識が高くなってさらにお得にしやすくなります。

④簡単に切り替えられる

スイッチングシステムというものによって、現在の電力会社に解約の電話などを入れる必要がありません。お気に入りの電力会社を見つけて申し込むだけOKなので、インターネット回線の切り替えや、携帯電話の切り替えのような面倒がありません。

切り替え方法は?

電力の切り替えは非常に簡単なステップでスムーズに行われます。

STEP1:検針票を用意する

まず初めに必ず準備する物が、電力使用量を示す検針票です。この検針票と言うのは、毎月一回必ずポストに入っている下記のようなものです。

上記のような検針票に必ず書いてある、供給エリアである供給地点特定番号や、お客様番号を元に切り替えが可能となります。

STEP2:お申込

電力会社によって申込み方法は異なりますので、確認のうえ申し込みましょう。

STEP3:スマートメーターの設置

スマートメーターを設置しにきてくれて、取り付けの工事が終了すれば新しい電力会社からの供給スタートなります。

ちなみに、このスマートメーターというのは電力切り替えに必須となっていますが、もちろん費用は無料です。また、既に東京電力などの既存電力会社は取替を行っているので、設置されている方はこのSTEP3すら必要なく切り替えることができます。

電力会社の選びのポイント

冒頭にもお伝えしましたが、電力会社はまもなく300社に近づくほどあります。また、会社ごとにプランや料金体系が複数あるため、その組み合わせは何千通りとできてしまっております。なので、まずはいかに自分にあった電力会社を選ぶかということが大事になるので、その方法をご紹介します。

カテゴリをしっかりと決める

ガソリン・プロパンガス・携帯・インターネットなどの生活インフラをはじめ、交通・旅行系から広告会社や印刷会社まで、様々な会社が参入しています。もちろんある程度の比較はするに越したことはないと思いますが、ある程度の目星を付けて探すのが良いと思います。

シュミレーションから探す

エネチェンジ

エネチェン,サイト

出典:enechange.jp

エネチェンジというサイトでは検針票があれば、実際の料金をはじきだしてくれるようです。とても便利なサイトなのですが、弱点としては各電力会社の想定のものからはじき出されているということです。

プロに任せる

デンキサポート

デンキサポート,サイト

出典:http://denkisupport.xyz/

デンキサポートというサイトでは、コールセンターとして電力の申込みだけではなく、相談も行ってくれるようです。こちらも同じように電力会社の絞り込み検索もできるので、さらに便利なサイトかとは思いますが、エネチェンジさんよりは多少電力会社の紹介が少ないかもしれません。

人気の電力会社

既にお申込が殺到状態で、契約件数が多いと発表されている電力会社をまとめました。また、ALL-STAR独自の調査もふまえて、評判の良い悪いも加味したうえでご紹介いたします。

ソフトバンクでんき

まずは一番人気の電力サービス、携帯電話でおなじみのソフトバンクでんきです。

ソフトバンクでんきのホームページ

ソフトバンクでんきとは?

ソフトバンクの携帯電話を利用している人は絶対これというぐらいお得なセット。

対象の地域は?

東京電力エリア・中部電力エリア・関西電力エリア・北海道電力エリア

おすすめは?

おうち割り

切り替え方法は?

ソフトバンクでんきのホームページからのお申込。

カテエネ

中部電力,カテエネ,ホームページ,解説

カテエネとは?

カテエネは、中部電力が展開する電力サービスです。

対象の地域は?

東京電力エリア・中部電力エリア

おすすめは?

やはりカテエネは従来の既存電力会社である中部電力ということで、安心感が大きいというのが人気の秘訣の一つのようです。中でも独自のポイントサービスが特徴的で、使用した電力に払った電気代の数パーセントが還元されるようになっています。使い方は様々でdポイント・ミュースターポイント・WAONポインとなどに交換することができます。
キャンペーンで切り替え時に150円相当の150Pがもらえるなどお得なプランも様々です。

切り替え方法は?

中部電力『カテエネ』のホームページからのお申込。

ENEOSでんき

ENEOSでんき,ホームページ,解説画像

ENEOSでんきとは?

ENEOSでんきは、JXエネルギーが運営するガソリンスタンドでお馴染みのENEOSのサービスです。自家用車を持っている人には欠かせないガソリンとのセット割りの電力サービスです。

対象の地域は?

東京電力エリア

おすすめは?

車を使う人は絶対にこれがおすすめというぐらいのお得ポイントが多数あります。まず何よりもおすすめしたいポイントなのが、ENEOSでんきセット割りというイメージが強いのですが、電気料金だけでも圧倒的に安いということです。ホームページでもうたってますが、まとめなくても安いサービスということで、車を持っていないような人からの契約数もかなり増えているようです。

そこにさらにTポイントはもちろん、ENEOSが独自に発行するクレジットカードのENEOSカードを使う事でポイントが最大3%も還元されたりします。

そしてENEOSでんきの何よりのメインはガソリンの割引です。リッターで1円から最大10円まで安くなったりします。

切り替え方法は?

【ENEOSでんき】のホームページからのお申込。

TEPCO

TEPCO,東京電力,ホームページ,解説

TEPCOとは?

東京電力エナジーパートナーが展開するTEPCOという電力サービスは、ご存知の東京電力さんのサービスです。

前評判では、いかに顧客離れを防ぐかという防戦一方と見られていましたが、従来よりも電気料金が安くなったことや、安定の供給実績、さらには圧倒的なセット割りの数で契約を伸ばしています。携帯電話のソフトバンク、インターネット回線のNURO光、プロパンガスであるニチガスなど、30社以上の提携がありどれもこのTEPCOサービスとの組み合わせによって実現します。

対象の地域は?

東京電力エリア・中部電力エリア・関西電力エリア

おすすめは?

東京電力エリアの人で、電力自由化で悩んでいる人や様子見をする人も、とりあえずはまずは切り替えたほうが良いというのに越したことはありません。東京電力のままで変わらないので、支払方法もかわりませんし、2年縛りなどがないプランもあるので、様子見をしようとしている人もまずは切り替えておきましょう。

切り替え方法は?

東京電力エナジーパートナーのホームページからのお申込。



スポンサーリンク


まとめ

電力事業社はもはや300社近くありますが、やはりまだ一般家庭への小売り販売を検討していて様子見という会社が多数あり、今後もさらに増える可能性があります。
しかし、電力を多く使うような家庭では、様子見する分だけ損をするので、早めの切り替えをおすすめいたします。